学会からのお知らせ

日本看護研究学会主催から会員の皆様に向けて情報を発信しております。

最新の会告

会告(1)

2018年12月20日

一般社団法人日本看護研究学会
第45回学術集会
会長 泊 祐子

一般社団法人日本看護研究学会第45回学術集会

メインテーマ

研究成果をためる つかう ひろげる ─社会に評価される看護力─

会 期

2019年8月20日(火)・21日(水)

会 場

大阪国際会議場(グランキューブ大阪)
〒530-0005 大阪市北区中之島5丁目3番51号
TEL:06-4803-5555(代表)  FAX:06-4803-5620
URL:https://www.gco.co.jp/

プログラム
1.会長講演:「研究成果をためる つかう ひろげる」

泊 祐子(大阪医科大学看護学部 教授)

2.特別講演:「質的研究の構築と発展─理論から実践へ─」

鯨岡 俊(京都大学 名誉教授)

3.基調講演:「ケアの科学と政策」

広井 良典(京都大学こころの未来研究センター 教授)

4.教育講演

1)「臨床研究データの集積と活用法─Research Electronic Data Capture(REDCap)─」
新谷 歩(大阪市立大学大学院医学研究科 教授)

2)「産官学連携により研究成果をつくり,つかい,ひろげるために」
江川 隆子(関西看護医療大学 学長)

3)「看護ガイドラインの基盤となる研究成果の活用と構築」
神田 清子(群馬大学大学院保健学研究科 教授)

5.シンポジウム

1)「社会にひろげる看護の成果・知恵・経験」
演者:三輪 恭子(よどきり医療と介護のまちづくり株式会社 取締役)
   多田真寿美(株式会社ナースあい 代表取締役)
   宇都宮宏子(在宅ケア移行支援研究所 宇都宮宏子オフィス 代表)

2)「診療報酬につながる研究成果の示し方・つかい方」
演者:箕浦 洋子(兵庫県立尼崎総合医療センター 副院長兼看護部長)
   渡邉 眞理(横浜市立大学医学部 教授)
   叶谷 由佳(横浜市立大学医学部 教授)

6.一般演題(口演,示説),交流集会(「演題募集」についてはホームページでご確認ください。)
7.その他(ランチョンセミナー,企業展示,書籍展示 他)

懇親会

日 時

2019年8月20日(火)

場 所

大阪国際会議場 12階 「グラントック」

会 費

5,000円

参加費
  事前 当日
会 員 10,000円 12,000円
非会員 12,000円 14,000円
学 生 (事前受付なし) 3,000円

※ 事前参加申し込みは,2019年2月1日(金)~6月28日(金)までです。
※「学生」は,当日の参加登録のみとなります。
 大学院生および看護師資格を有する研修学校生などは含みません。
※「学生」料金には,学術集会抄録集を含みません。
 申し込みは学術集会ホームページ(http://jsnr45-2019.umin.jp/)よりお申し込みください。

一般社団法人日本看護研究学会 第45回学術集会運営事務局

株式会社インターグループ
〒531-0072 大阪市北区豊崎3-20-1 インターグループビル
TEL:06-6372-3051  FAX:06-6376-2362
Email:jsnr45-2019@intergroup.co.jp

一般社団法人日本看護研究学会第45回学術集会 一般演題募集

一般社団法人日本看護研究学会第45回学術集会は,下記の要領で募集いたします。多数の方々のご参加をお待ちしております。

2018年12月20日

一般社団法人日本看護研究学会
第45回学術集会
会長 泊 祐子

一般演題募集要項

募集期間

2019年1月21日(月)正午~3月15日(金)正午まで

演題募集の受付

演題登録は原則として学術集会ホームページ(http://jsnr45-2019.umin.jp/)からのオンライン登録に限ります。期間中は何回でも演題登録内容の確認および修正ができます。
 *尚,郵送による応募は受付けませんのでご注意ください。

演題登録資格
  • 発表演者,共同演者を含めて全員が本学会会員であることが必要です。
  • 発表演者の方は,ご自身を含め共同演者全員の会員番号および2019年度の会費納入をご確認ください。
    学会発表時までに2019年度会費未入金の方がありますと発表できません。
  • 未入会の方は,演題申し込みまでにあらかじめ,入会手続き(入会金の納入)と2019年度会費の納入を済ませてください。
  • 大学,短期大学,専修学校在学中の学生は本会には入会できませんが,2019年3月末卒業予定の学生の方は,演題申し込みまでには入会手続きをしてください。
    (会員資格の発効は2019年4月以降になりますが,会員番号は入会承認が下りた時点でお知らせします。演題登録画面には発行された会員番号をご入力ください。)
  • 万が一,入会手続きが間に合わない場合は一般社団法人日本看護研究学会事務局へご相談ください。

※ 入会申し込み方法・会員番号確認方法

  • 入会申し込みは,日本看護研究学会ホームページ「入会のご案内」から手続きしてください。
  • 会員番号は,受領される封筒の宛名部分の右下に記しておりますので,ご確認ください。
  • お問い合わせは
    一般社団法人日本看護研究学会事務局(株式会社ガリレオ内)へお願いします。
    FAX:03-5981-9852  E-mail:g027jsnr-support@ml.gakkai.ne.jp
演題登録方法
  • はじめに新規登録画面よりメールアドレスを登録してください。演題入力画面のURLを案内するメールが届きます。
  • メールが届かない場合,迷惑メールとして振り分けられていないかをご確認ください。
  • 大学や研究機関のメールアドレスやネットワークから登録された場合,メールセキュリティシステムによって案内メールがブロックされる事例があります。学外のメールアドレスやネットワーク外から再度お試しください。
  • 演題登録完了時に,受付番号が発行されます。受付番号とパスワードは登録者の責任で確認・保管してください。
  • 演題募集期間中は何度でも確認・修正をすることができます。[確認・修正画面へ]ボタンから,登録番号とパスワードを使って修正画面にアクセスしてください。
  • 登録期間は厳守してください。締切り後はアクセスができなくなります。
発表形式
  • 一般演題(口演発表・示説発表)を募集いたします。発表形式は,「口演,示説,どちらでも良い」からいずれかを選択してください。
    尚,発表形式の決定は会長に一任願います。最終発表形式はご希望と異なる可能性もありますことをあらかじめご了承ください。
  • 演題は発表当日の時点で未発表のものに限ります。他学会への二重発表は認められません。
  • 発表演者としての申し込みはお1人につき口演1演題,示説1演題,計2演題までとさせて頂きます。
  • 連番による発表を希望される場合には,演題名に順序が判るよう表現してください。連番は原則3題までの申し込みとします。
口演発表の形式
  • 発表時間は1演題10分間(発表7分間,質疑3分間)を予定しています。
  • 会場に準備するPCのOSは,Windows8です。アプリケーションソフトは,「Windows版PowerPoint 2007/2010/2013/2016」となります。
  • Power Pointに標準搭載されているフォントのみ使用可能です。
  • 発表者専用表示の発表者ツールは使用できません。
  • 動画,音声の使用はできません。静止画を使用する場合はJPEG形式としてください。
  • 発表データはUSBフラッシュメモリーにてご持参ください。
  • 発表データはPC受付でご確認の上,発表会場ではご自身で操作して発表していただきます。
示説発表の形式
  • 一定時間を設け,討論します。発表者を中心にポスターを囲んで討論していただきます。発表者は準備したポスターを所定の位置に時間厳守で掲示してください。
  • パネル上でポスターが貼れる範囲は,縦180cm× 横90cmです。
  • 演題番号を表示するためにパネル左上のスペース(20×20cm)は空けておいてください。事務局が演題番号を貼ります。
登録項目
発表演者の氏名

発表者を筆頭演者にしてください。

共同演者名

10名以内(筆頭演者を含む)

所属機関

5施設以内

演題名

副題も含めて全角60字以内

抄録本文

最大全角900字以内,図表を掲載する場合は全角700文字
本文には【目的】【方法】【結果】【考察】を記述してください。
研究方法には,研究対象に対する倫理的配慮を必ず記述してください。

備考

事務局への連絡事項などありましたら,ご記入ください。

パスワード

半角英数文字6~8文字,大文字・小文字は区別されます。

演題区分

申し込み演題の区分を以下から選択してください。

1 基礎看護・看護技術
2 看護教育(基礎教育)
3 看護教育(継続教育)
4 看護教育(その他)
5 看護管理(病院管理・医療安全)
6 看護管理(新人教育・その他)
7 急性期看護
8 慢性期看護
9 リハビリテーション
10 外来看護
11 老年看護
12 精神看護
13 小児看護
14 母性看護
15 家族看護
16 地域看護
17 在宅看護
18 公衆衛生看護
19 健康増進・予防看護
20 感染看護
21 がん看護
22 終末期ケア・緩和ケア
23 看護理論・看護診断・看護過程
24 看護情報
25 看護倫理
26 災害看護
27 国際看護
28 看護史
29 放射線看護
30 その他
図表の挿入
  • 図,表,写真は1点のみ掲載できます。(複数を1点にまとめる事は問題ありません。)図表がある場合は,本文の文字数は全角700字以内になります。
  • ExcelやWordで作成した図表はPDFに変換してください。ファイルサイズは3MBまでとなります。
  • 掲載する図表は,最大で8.0cm×6.0cmです。大きさを考慮の上,読めるようご作成ください。
  • 図表も登録画面からアップロードできます。
  • 図表を訂正する際は再度アップロードしてください。
採否の通知
  • ご応募いただいた演題については査読の上,採否を決定いたします。査読の結果,抄録の修正をお願いする場合があります。
  • 最終的な採否の結果は,会長に一任願います。最終的な採否の結果,一般演題プログラム番号,発表時間等は学術集会ホームページ上に掲載します。
個人情報について

ご登録いただいた個人情報は,一般社団法人日本看護研究学会第45回学術集会の準備・運営目的以外には使用いたしません。また,ご入力いただいた個人情報は,必要なセキュリティー対策を講じ,厳重に管理いたします。

お問い合わせ

①登録システムに関する技術的な問い合わせはこちらになります。
(株)セカンド内
担当 富永 jsrm-k@secand.jp
〒862-0950 熊本市中央区水前寺4丁目39-11
TEL:096-382-7793  FAX:096-386-2025

②演題内容や学術集会に関すること
第45回学術集会運営事務局
E-mail:jsnr45-2019@intergroup.co.jp

③入会,会員登録に関すること
一般社団法人日本看護研究学会事務局 株式会社ガリレオ学会業務情報化センター内
〒170-0002 東京都豊島区巣鴨1丁目24-1-4F
FAX:03-5981-9852  E-mail:g027jsnr-support@ml.gakkai.ne.jp

*お問い合わせは2019年3月15日(金)正午までにお願いいたします。土・日曜日は業務時間外のため,お問い合わせへの対応がしかねますことをご了承ください。

交流集会募集要項

募集期間

2019年1月21日(月)正午~3月15日(金)正午まで

応募資格
  • 発表演者,共同演者を含めて全員が本学会会員であることが必要です。
  • 未入会の方は,交流集会の申し込みまでにあらかじめ,入会手続き(入会金の納入)と2019年度会費の納入を済ませてください。
交流集会申し込み方法
  • 発表者全員の氏名・所属・会員番号,代表者の連絡先,交流集会のテーマ,1,200文字以内の抄録を,学術集会ホームページ(http://jsnr45-2019.umin.jp/)の「交流集会募集」ページよりダウンロードした申込用紙に入力してください。
  • 申込用紙は,下記の学術集会運営事務局宛にE-mailでお送りください。
  • ファイル名は「JSNR45交流集会応募_代表者氏名」としてください。
  • オンラインによる応募は受け付けておりませんのでご注意ください。

※ 交流集会申し込み先
第45回学術集会運営事務局  E-mail:jsnr45-2019@intergroup.co.jp

実施方法
  • 交流集会は代表者を中心に,自主運営です。それぞれのテーマで自由な形式で発表及びフロア参加者とのディスカッションを行っていただきます。
  • 交流集会の開催時間は1セッション60分です。
  • 決定した交流集会の代表者に,事務局より会場・方法等の詳細をお知らせいたします。
  • お申し込み時のご希望に添えない場合もございますので,あらかじめご了承ください。
採否の結果
  • ご応募いただいた演題については査読の上,採否を決定いたします。査読の結果,抄録の修正をお願いする場合があります。
  • 最終的な採否の結果は,会長に一任願います。最終的な採否の結果,日時などの連絡は,全て代表者のE-mail宛に送付いたします。
  • E-mailアドレスが変更になった場合は,運営事務局までE-mail(jsnr45-2019@intergroup.co.jp)にてご連絡ください。
個人情報について

ご登録いただいた個人情報は,一般社団法人日本看護研究学会第45回学術集会の準備・運営目的以外には使用いたしません。

会告(2)

日本看護研究学会雑誌41巻3号掲載を下記の通り訂正いたします。

(1)以下の通り訂正いたします。

P260・264・345 時間・講演内容変更


11:30~12:40
笑いの現場から学ぶ!最強医療コミュニケーション「なんでやねん力」
演 者:Wマコト(中山 真・中原 誠)(株式会社WMcommons)


11:40~12:40
大切にしたい自分の体~2度の子宮がんを経験して~
演 者:原 千晶(よつばの会 代表)

(2)以下の通り訂正いたします。

P267 共同発表者削除


15 ディスポーザブルウェットタオルとタオルによる清拭の効果
─皮膚常在細菌,角層水分量等の比較から─
○松本 智晴1,有松 操2,古村 沙織3,南家 貴美代1,福山 美季1河野 宏明1,前田 ひとみ1
1熊本大学大学院生命科学研究部看護学講座,2鹿児島純心女子大学看護栄養学部,3熊本大学大学院保健学教育部博士前期課程看護学分野


15 ディスポーザブルウェットタオルとタオルによる清拭の効果
   ─皮膚常在細菌,角層水分量等の比較から─
  ○松本 智晴1,有松 操2,古村 沙織3,南家 貴美代1,福山 美季1,前田 ひとみ1
   1熊本大学大学院生命科学研究部看護学講座,2鹿児島純心女子大学看護栄養学部,3熊本大学大学院保健学教育部博士前期課程看護学分野

(3)以下の通り訂正いたします。

P270 所属変更


31 保健師助産師看護師法と憲法の問題 ~看護における男性差別を考える~
  ○立林 春彦1
1城西国際大学看護学部看護学科


31 保健師助産師看護師法と憲法の問題 ~看護における男性差別を考える~
  ○立林 春彦1
1東北文化学園大学医療福祉学部看護学科

(4)以下の通り訂正いたします。

P271 発表者変更


46 複数介助者で実施する車椅子移乗方法の検討─第二報
  中山 麻由1,加悦 美恵1,森本 紀巳子1
   1久留米大学医学部看護学科


46 複数介助者で実施する車椅子移乗方法の検討─第二報
  中山 麻由1加悦 美恵1,森本 紀巳子1
   1久留米大学医学部看護学科

(5)以下の通り訂正いたします。

P287・482 演題取下げのため削除

示説 183 病棟看護師を対象とした退院支援に関する継続教育 -国内文献の動向-
     ○北林 真美1
      1日本赤十字秋田看護大学

(6)以下の通り訂正いたします。

P346 講演内容変更

(7)以下の通り訂正いたします。

P384 共同発表者削除

(8)以下の通り訂正いたします。

P394 所属変更

(9)以下の通り訂正いたします。

P403 発表者変更

バックナンバー