学会案内

日本看護研究学会の歴史や組織などの情報を掲載しております。

ご寄附のお願い

令和元年12月吉日

一般社団法人日本看護研究学会
会員各位

一般社団法人日本看護研究学会
理事長 宮腰由紀子

大規模災害支援事業委員会
令和元年度委員長 山口 桂子

大規模災害支援事業実施に伴う支援金ご寄附のお願い
「2019年九州北部大雨」「2019年台風15号」「2019年台風19号」「2019年台風21号」
により被災された方々の支援に向けて

拝啓
 師走の候、会員の皆様には益々ご活躍のこととお慶び申し上げます。
 さて、今年、「2019年九州北部大雨」「2019年台風15号」「2019年台風19号」「2019年台風21号」等において被災された会員の皆様ならびに関係者の皆様に、心よりお見舞い申し上げます。
 また、会員の皆様には、東日本大震災を契機として平成23年度より実施しております本学会の災害支援事業にご理解とご協力をいただき、ありがとうございます。
 一般社団法人日本看護研究学会では、皆様からのご寄附等をもとに、被災された看護学生の修学継続支援を行って参りました。平成27年度からは支援の対象を本学会会員の看護学研究者にも拡大しております。
 今年は「2019年九州北部大雨」「2019年台風15号」「2019年台風19号」「2019年台風21号」をはじめ、多くの甚大な被害をもたらす災害が多数発生してしまいましたが、それぞれ、発生から数ヶ月以上が経過した今も、まだまだ生活再建にご苦労されている状況が伝わってまいります。本学会としましては、大規模災害支援事業を継続し、上記災害等で被災された看護学生ならびに本学会会員の看護学研究者の方たちを少しでも支援できればと考えております。
 現在実施中の事業の申請締め切りは、それぞれ2019年12月5日、2020年1月10日です。会員の皆様には、周囲の方々へ本事業に関わる情報提供をしていただき、是非とも対象となる看護学生のご推薦をお願いしたいと思います。詳細は、HPをご覧ください。
 つきましては、引き続き会員の皆様にご寄附を募らせていただきたいと思います。
 払い込み先は ゆうちょ銀行の「加入者名 日本看護研究学会大規模災害支援事業委員会」となっておりますが、払い込み用紙を同封させていただきますので、ご利用いただければ幸いです。1口(2,000円)から何口でも結構ですので、皆様のご協力をよろしくお願い申し上げます。
 なお、平成23年度から昨年度までにお寄せいただきましたご寄附総額は 1,082万円、これに、本会の学術集会からのご寄附や一般会計等からの補てんを加え、平成23年度から平成30年度までに、237件、総額約2,000万円を支援させていただきました。これまでの支援事業の詳細につきましては学会HPをご覧ください。
 支援金の受給候補者となる本学会員の看護学研究者は自己推薦により申請が可能です。また、看護学生(非会員の大学院生を含む)については、会員の皆様のご推薦によって申請できるものです。身近に被災された看護学生がいらっしゃる場合には、どうぞご推薦ください。
 会員の皆様のご理解、ご協力を何卒よろしくお願い申し上げます。

敬具

   〈払い込み先〉
   【ゆうちょ銀行からお振込みの場合】
     ゆうちょ銀行 00140-7-514019
     日本看護研究学会大規模災害支援事業委員会

   【ゆうちょ銀行以外からお振込みの場合
     ゆうちょ銀行 〇一九(ゼロイチキュウ)店
     当座 0514019
     日本看護研究学会大規模災害支援事業委員会