| 地方会トップ | ブログトップ | ヘルプ | ログイン | パスワード忘れ | 新規会員登録 | 利用規約 |
看護学生へのリアルな医療安全教育「患者役はスタントマン!」2021/03/31(水) 09:19:16 RSSにてレス一覧を表示
滋賀県立大学人間看護学部・米田照美さん
クリックにて拡大表示  皆様、新型コロナウイルス感染拡大で不安と緊張の日々をお過しのことと存じます。
  この度、初めてリレーブログに記事を投稿することになりました滋賀県立大学人間看護学部基礎看護学講座の米田照美です。私は看護師・看護学生を対象に療養環境や援助場面の観察時における視線を計測し、危険認知の特徴を明らかにする研究を行っています。また、それと並行して看護学生を対象とした体験学習型の医療安全教育にも取り組んでいます。今回は本学(本学部)で取り組んできた医療安全教育についてご紹介いたします。
  看護学生が臨地実習で経験するヒヤリハット(インシデント)は一部の研究報告によると4割〜7割と言われています。本学部でも一度、調査しましたが、在学中に約4割の学生がヒヤリハットを体験していることが分かりました。学生に対して医療事故の危険性については、たびたび授業や実習で説明・指導してきましたがなかなか実感を持って理解してもらうことが難しいと感じていました。看護技術の練習では学生同士で患者役・看護者役を行うことが多く、緊張感がなく、看護者役が説明する前に患者役が先に動いてしまう場面も多く見受けられました。
  ある日の朝、NHK「おはよう日本」のニュース番組で高校生や中学生を対象とした交通安全教室で実際に生身の身体で車にはねられる場面を再現しているスタントマンを観ました。この時、ふと、ひらめきこの方々に医療事故の転倒や転落事故の場面を演じてもらえれば医療事故の危険性をリアルに伝えることができるのではないかと考えました。すぐに警察署に問い合わせて事情を説明したところ、スタントマン専属事務所の倉田プロモーションさんを紹介して下さいました。事務所の方も初めての依頼ということで何度が打ち合わせを重ねながら授業計画を練り上げ、患者役をスタントマンが演じる医療安全教育を実現することができました。
  演習では医療事故の危険性をいかにリアルに伝えるかということに重点を置きました。医療事故の再現劇では、スタントマンの方に骨折や麻痺などの障がいのある患者役や高齢で歩行移動が難しい患者役を演じてもらい、移動や移乗介助時の転倒や転落シーンを実際に生身の身体で演じてもらいました。さらに、学生にはスタントマンの演じる片麻痺のある高齢患者さんの車いす移乗援助を実践してもらいました。車いす移乗の実践では学生の援助技術が悪いとスタントマンさんが容赦なく転倒・転落・滑落して頂けるので、見ている側も実践する側もいつもより緊張感を持って臨床に近い状況で取り組めました。演習後の学生の感想では、普段練習している学生の患者役との違いにかなり戸惑い、その中で患者を安全に援助することの難しさを実感したと記述する学生が多かったです。また、体験を振り返り、自己の看護技術の未熟さ、知識不足、患者への説明不足、観察不足、注意不足が原因となり、医療事故が容易に起こることを理解したという記述も多くみられました。この演習後、多くの学生は医療事故を他人事ではなく自分自身の問題として捉え、演習前と比べて医療安全への意識が向上したのではないかと手ごたえを感じています。
  令和2年度はコロナ禍のため対面授業が中止となり、この演習も実施できませんでした。今年度もどうなるかわかりませんが、感染拡大の中、病院実習や学内演習の実施も厳しく、今後はオンライン学習でもよりリアルに学習できる医療安全教育の開発が必要になってくるのではないかと思っています。一日も早くコロナ感染が収束し、日常の看護教育に戻れることを祈るばかりです。

【研究者URL】
研究紹介|滋賀県立大学人間看護学部 基礎看護領域 (usp.ac.jp)
http://www.nurse.usp.ac.jp/kiso/research_04.html
投稿にはログインが必要です
アメリカ・フィンドレー看護短期留学で感じた看護教育の違い2021/02/26(金) 19:26:17 RSSにてレス一覧を表示
福井県立大学・金粕仁美さん
 近畿・北陸地方会のみなさま、初めまして。福井県立大学の金粕仁美と申します。
 
 昨年2月、ちょうど新型コロナウイルスが流行しはじめたころに、アメリカ・オハイオ州フィンドレー大学へ学生の看護短期留学に同行しました。今思えば、ぎりぎりのタイミングで実現した渡米と帰国でした。2週間余りの滞在でしたが、現地の大学の看護や日本語の授業に参加したり、複数の医療・福祉施設に視察したりなど、様々な人達と交流することができました。
 その中で、興味深かったのは、アメリカ・フィンドレー大学で実施されている看護教育についてでした。日本の場合、講義は教員からの一方向の授業というイメージが強いのですが、フィンドレー大学では、教員からの質問に対して学生が自由に発言して講義を進めていくというスタイルでした。また、内容ごとに講義と演習がセットになっていて、例えば、火曜日に薬剤投与に関する講義があり、翌日の水曜日に演習を行うという形でした。演習は臨床に近い形で行われており、疾患や年齢などが設定されている患者さんにデモ用の薬を投与し、必要な観察などをおこない、最後にカルテの記載をおこなうというような流れでした。予習や復習の時間も多くとられていて、講義・演習ともに、学生が主体的に学習しているという印象でした。
 私自身、今までそれほど海外の教育方法に関心を寄せていませんでしたが、異国の看護教育の良い点を日本の看護教育にも少し取り入れられたらいいなと思っています。特に、学生の主体性を高められるような教育がおこなえたらいいなと感じています。また、臨床に近い演習方法は、コロナ禍で実習施設に行けない場合の学内演習にも応用できるかもしれません。
 現在、本学とフィンドレー大学間・看護学科同士の国際交流は行えていませんが、今後、渡航が可能となり交流が再開したら看護教育に関する意見交換や調査などがおこなえたらいいなと思っています。
投稿にはログインが必要です
看護情報学:PPDACサイクルについて2021/01/28(木) 09:13:03 RSSにてレス一覧を表示
大阪府立大学大学院看護学研究科 森本明子さん
 大阪府立大学大学院看護学研究科・看護情報学分野の森本と申します。今回は、データを活用した統計的課題解決サイクルである「PPDACサイクル」について紹介させていただきます。

 まず、PDCAサイクルは、1950年代にDemingとShewhartにより提唱され、第二次世界大戦後に製造業等で発展しました。ご存知の方も多いと思いますが、最初のPlanの段階で「課題に対する目標の設定や具体的な取組みの立案」を行い、Doの段階で「取組みの実施」、Checkの段階で「取組みの評価」を行います。この従来のPDCAサイクルに加えて、近年、データを活用した統計的課題解決サイクルであるPPDAC(Problem、Plan、Data、Analysis、Conclusion)サイクルが着目されています。PPDACサイクルは、1999年にWildとPfannkuchにより提唱されました。最初のProblemの段階で「課題の明確化や分析課題の設定」を行います。次いで、Planの段階で「データ収集や分析等の計画立案」を行い、Dataの段階で「データ収集」、Analysisの段階で「課題の現状把握や要因検討等のためのデータ分析」を行います。そして、Conclusionの段階で「データ分析に基づいた課題解決への具体的な取組みを提案」します。このPPDACサイクルの体系的なプロセスは、PDCAサイクルのPlan(課題に対する目標の設定や具体的な取組みの立案)を実行するために必要なプロセスです。そのため、PPDACサイクルとPDCAサイクルをあわせて展開することが重要となります。
 現在、看護情報学分野では、大阪府受託事業「特定健診受診率向上プロジェクト ―効果的なプロモーションの確立に向けた提案―」の運営を行っています。大阪府の特定健診の受診率は全国と比べ低い状況で推移しているため、大阪府において特定健診の受診率向上は重要な健康課題の一つです。この事業において、まず、「データ分析に基づいた特定健診受診率向上のための具体的な取組みを提案」するために、大規模調査やパブリックデータ分析等を実施し、PPDACサイクルを展開しています。

 日々蓄積されているデータの活用や、PPDACサイクル及びPDCAサイクルの活用は、より良い看護実践や保健活動に貢献すると考えています。今回は、PPDACサイクルについて紹介させていただきました。
投稿にはログインが必要です
コロナ禍での学内演習2020/11/27(金) 14:49:35 RSSにてレス一覧を表示
富山大学・坪田恵子さん
  会員の皆様、こんにちは。富山大学の坪田恵子と申します。
  コロナ禍で皆様の施設におきましても、これまでの教育や看護の質を維持するために、感染予防対策をとりながら日々奮闘しておられることと思います。
  
  私は基礎看護学講座に所属しておりますので、基礎看護学の学内演習についてのコロナ禍での状況をお伝えさせていただきたいと思います。看護技術を学ぶために、これまで4人程度のグループ学習を取り入れて、看護師役・患者役・観察者をローテーションし、それぞれの立場で気づいたことをグループ内で話し合うことで対象へのより良い援助を考える場を作ってきました。コロナ禍の中、感染予防を考えると個人学習が望ましいとなるのかもしれませんが、それでは看護者としての必要なスキルが身につきません。そこで、対象への援助を行う際やグループで話し合う際にはフェイスシールドをつけ、必要時にはエプロンや手袋を使用して実施しています。また、健康チェックや手指消毒はもちろんのこと、物品などの使用者が交替する際の消毒のタイミングも意識して行っています。
  
  学内ではこのような感染予防対策を講じており感染者はでておりませんが、コロナ禍での県内の状況を踏まえて先週より学内演習ができない状況となっています。
  感染予防対策を行い、“密”になる状況を避けるために準備1つとってもこれまでと異なる方法をとることが必要になるため、事前の準備や消毒など時間はかかりますが、対策を行いながらでも学生と関わりながら演習ができること、学生同士で学び合うことができる演習を早く再開できるよう祈っています。
投稿にはログインが必要です
新生児のドライテクニックに使用する用具の開発2020/10/29(木) 11:57:30 RSSにてレス一覧を表示
大阪医科大学・ 近澤幸さん、佐々木綾子さん
クリックにて拡大表示 新生児のドライテクニック(出生時に付着した血液や羊水、胎便などを拭き、胎脂はできるだけ取り除かない方法)において、現在用いられている用具は、新生児の皮膚への刺激、手技の困難さ、実施者の感染予防の点で課題があります。この課題を解決するための新たな用具の開発が求められています。


【写真:左(不織布を用いた顔のドライテクニック)、右(ガーゼハンカチを用いた頸部のドライテクニック)】

 
 新生児の表皮は、大人に比べ角層が薄く、角層の乾燥傾向は、生後3日から少なくとも生後2週間まで続きます。新生児の清潔ケアとしてドライテクニック、沐浴が実施されています。生後日数によるドライテクニックと沐浴の使い分けについては、出生当日のみドライテクニックを行い、以降は沐浴を行う施設、生後4日目までドライテクニックを行う施設などがあります。
 沐浴の場合、新生児の皮膚への刺激を避けるため、手でよく泡立てて洗浄することが理想的であるとされています。しかし、ドライテクニックの場合は手で実施することはできないため、用具の使用が必要です。ドライテクニックで用いる用具について、ガーゼ、綿タオル、不織布など様々な素材のリネンが用いられていますが、既存のものが使用され、新生児に適したものとはいえないという課題があります。さらに、新生児のドライテクニックにおいては、頸部や腋下など細かい部分の清拭が必要です。現在用いられている用具は、水分を含ませて絞り、細かい部分を清拭する、という行為において、実施のしづらさがあります。
 そこで、新生児のドライテクニックを実施するための新たな用具を開発したいと考えています。新たな用具の開発により、新生児、実施者両者にとって安全・安楽なドライテクニックの実施につながることを期待しています。

投稿にはログインが必要です
トップページに戻る