| 地方会トップ | ブログトップ | ヘルプ | ログイン | パスワード忘れ | 新規会員登録 | 利用規約 |
「実践から学ぶ」ということ2020/03/27(金) 09:49:08 RSSにてレス一覧を表示
福井県立大学・竹内智子さん
 近畿・北陸地方会会員の皆様、初めまして。
 福井県立大学の竹内智子と申します。

 年度末に加え、新型コロナウイルス感染症の感染拡大防止にますますご多忙のことと存じます。
 この度、初めてリレーブログに投稿させていただきます。私が看護教育の仕事に携わるようになり2年が経ちました。その間、たくさんの看護学生と学びの場を経験させていただきました。「実践から学ぶ」という学力を育成する臨地実習教育の場面において、教員として新人である私は医療現場と教育現場の違いに戸惑い、不安を抱えることが多くありました。看護師としての経験は積んできているものの、それがよい看護教育となっているのか実感を持てないままの2年間だったと思います。しかし先日、このままでよいのだろうかと考えている時に、学内の教員同士で自らの教育実践について振り返る機会を持つことができました。実習指導の場面や学生との対話の中で戸惑ったことや不安を感じたことに対して、なぜその思いが生じたのかを自らの言葉で振り返り、見つめなおしました。このようなリフレクション(省察)を行うことで、自分一人での思考では意味づけられなかったものが新たな学びとなり、次の指導方法に繋げる解決策となった時、ずっと抱えていた不安が解消されていくことを感じました。

 看護師は援助を必要としている人と関わり、その時々の状況の変化に対応しながら自分なりに判断し、自らも変容していきます。そして対象との関わりの中で起きていることを振り返り、そこで得た気づきを次の関わりへと繋げていく、このような自己の看護実践の省察をとおして看護師として成長していきます。このような実践の中で刻々と変化するニーズに対応できる実践家を育成することが、看護教育の本質であると思います。そのために来月からは教員3年生になる私は、今後も自らの教育実践をリフレクションしていくことで「省察的実践家」として成長していきたいと考えています。また教員間のみでなく臨床指導者の方々ともリフレクションを行い、それらからの学びを臨地実習教育や研究へと繋げることができたらと思っています。
投稿にはログインが必要です
第12回和歌山保健看護学会学術集会のご案内2020/02/28(金) 12:12:34 RSSにてレス一覧を表示
和歌山県立医科大学・水田真由美 さん
みなさま、こんにちは。
和歌山県立医科大学保健看護学部の水田真由美です。
今年の8月の学術集会の紹介をさせていただきます。

本学の学科長 岩村龍子が大会長を務めます第12回和歌山保健看護学会術集会のご案内です。
和歌山保健看護学会は、2009年に和歌山県立医科大学保健看護学会として設立され、2018年に和歌山保健看護学会と名称を変更しました。保健看護学の進歩発展と会員相互の研鑽・親睦を図り、保健・医療の向上に資することを目的としております。和歌山県外からのご参加もお待ちしております。

今回は「看護専門職としての発展に向けたキャリア形成」をテーマに、みなさまと活発に交流し、元気が出るような会にしていきたいと思っております。
特別講演には、兵庫県立大学の増野園惠先生をお招きして、「元気が出るキャリア論」をお話して頂く予定です。また、研究発表の一般演題を募集いたしますので、日頃の実践や研究の意見交換をして頂ければ幸いです。演題募集は、5月を予定しております。詳細は下記のホームページに掲載予定です。現在はまだ、アップしておりませんが、昨年の要領はご覧になれます。
みなさまのご参加をお待ちしております。

日時:2020年8月30日(日) 
場所:和歌山県立医科大学保健看護学部

【ホームページ】
https://www.wakayama-med.ac.jp/usermenu/alumni/hokenkango-gakkai/index.html


投稿にはログインが必要です
【2020新春特別号】これからの看護を担う実践者・教育研究者の方々へ2020/02/03(月) 10:20:40 RSSにてレス一覧を表示
武庫川女子大学看護学部 学部長・阿曽洋子さん
 全く初めて、ブログへの原稿を書きます。私が2020年3月末に現役を退くということを聞かれた大阪医科大学の真継先生からのご依頼がありまして、今までの教育経験を通しての現役の方々へのメッセージを送ることになりました。
 私の大雑把な経歴は、阪大医療技術短大を卒業後に保健師学校を卒業して、保健師で7年間勤務した頃に、恩師である氏家幸子先生からのお話をいただいて母校の助手(基礎看護学・地域看護学担当)になり、教員としての新たな出発になりました。以降、神戸市立看護短期大学、阪大保健学科、そして現大学の看護学部と大学院の創設と、看護教員として40年余り学部と大学院の教育に当たってきました。教員になったのは、元々は現場が好きでしたが、現場と教育の乖離が気になって、教育の実態を知りたかったのが大きな理由でした。3年後には現場復帰を想定していましたが、当時は年齢制限があり再就職は無理で、教育の世界に居続けることになってしまいました。ですから、研究は可能な限り臨床の看護師さんや保健師さんとの共同研究というスタイルをとっていました。基礎看護学の分野に入りましたことも、保健師時代に家庭訪問でご家族に介護方法を指導することが多く、この方法がなぜ良いのかという理由づけを理論的に説明ができなかったことからです。それで、看護方法について根拠を示した論文があるのかという疑問が起こりました。看護場面では、この患者にはこの援助方法が良さそうだと経験的に判断して実施していることが大半でした。経験的な看護を理論化できないか、というのが私の大きな命題になりました。「看護学」というには、学問としての根拠が必要です。そこで、私は「基礎看護技術」の援助項目の一つ一つについて実験を行い、援助の根拠(エビデンス)を探求していくことにしました。しかしながら、まだ道半ばです。看護の後輩の方々にお願いです。「看護学」を説明できるエビデンスを見出し、学問体系を完成させていただけたらと願っています。
 
 また、臨床の看護職の方にもお願いがあります。臨床実習で、学生から「なぜこの援助がこの患者さんによいのですか?」と質問されたときに、答えに詰まり、「そうね・・・。」とか、「以前からその援助をしているけど・・・?」と返事したことはありませんか。そんなときに、「説明が理路整然と言えない私は、看護のプロフェッショナルと言えるだろうか?」と自問自答し、落ち込んだことはありませんか。プロフェッショナルとは何か?プロとは、『専門的な仕事に従事し、その能力が高く、その仕事の技術に優れ、確かな仕事をする人』(ウイキペディア)です。私たちがプロと言われるためには、実施した看護が根拠(エビデンス)に基づくものであり、援助能力を発揮し、看護目標としての成果をだすことではないでしょうか。つまり、経験上有用と考えられる看護を積み重ねて理論化していくことが大事だということです。理論化するためには研究が必要になります。「看護研究は苦手」とよく聞きますが、臨床側と教育側とが共同研究する意味はここにあると思います。互いの能力を発揮して、互いに進化していくことで有機的なつながりができ、良い成果が生まれてくると思います。
 
 これからの看護を担う実践者と教育研究者の方々にお願いしたいことは、プロ集団として他分野の方から「看護学って、どのような学問ですか」という問いに、簡潔明瞭に説明できる学問体系を作ってもらうことです。期待しています。
投稿にはログインが必要です
来まっし!看護研究継続セミナー2019/12/25(水) 16:25:12 RSSにてレス一覧を表示
公立小松大学・松村愛都さん
日本看護研究学会 会員の皆様
こんにちは 公立小松大学の松村愛都と申します。

 慣れ親しんだ福井大学医学部附属病院を定年退職し、選んだのはお隣の石川県!車での通勤は正直遠いし怖いなあと思っていたのですが春は新緑冴えわたり、秋は紅葉の中をすいすい飛ばしながら通勤しております。隣の県なのに全く知らず小松の街で新たな発見の日々です。9月には新キャンパスが完成し研究室から綺麗な紅葉が見えとても癒されます。
 また、昨年度からコーディネーターとして活動をしています。地方会は年2回開催されています。今年度の地方会は滋賀と福井で開催されました。ご紹介いたしますね。
 第30回看護研究継続セミナーは滋賀医科大学にて開催され、本田加奈子先生の「自分の実践現場の感覚がリサーチクエスチョンを見つける!」と題した講演を拝聴し、最近多い事例研究の取り組みに関し詳細に学びました。研究の基礎を丁寧に優しく教えていただきました。その後研究に関する個々の課題(情報収集の方法等)を、共にディスカッションしながら解決方法を考えました。
 台風で延期になった第29回看護研究セミナーは12月に開催されました。当日は、大阪医科大学の泊祐子先生「質的研究 M-GTA分析のプロセス―データ取りから分析まで」の講義を拝聴し質的研究M-GTA分析のプロセスについて学びました。グループに分かれ、実際にデータを読み込み概念を生成する作業を体験しました。講義を聞いていざ実践!ところが講義をお聞きした時はそう難しくないと思ったのですが、なかなか上手くいきません、深いです。
 次回是非ともこの続きをお聞きしたいところです。ここで朗報です。次年度は小松大学でセミナーが開催され泊先生をお迎えする予定とお聞きしております。近畿・北陸の皆様!是非とも小松においで頂き共に学んで参りましょう。お待ち申しております。
投稿にはログインが必要です
視線計測で看護師の認知プロセスを推定する2019/11/25(月) 10:39:20 RSSにてレス一覧を表示
同志社女子大学看護学部・天野功士さん
クリックにて拡大表示 はじめまして、同志社女子大学看護学部成人急性期看護学領域の天野功士です。今回は、私たちの領域で行っている視線計測の研究をご紹介させていただきます。
視線計測では、被験者がどこをみているか(注視時間、注視回数)、何をみているか(注視箇所)を明らかにすることができます。また、どのような順序でみていたか(視線軌跡)を知ることで、認知プロセスの一部を推定することができるとされています。
 視線計測は、これまでに、人間工学、スポーツ、医学などの分野において用いられてきました。例えば、人間工学の分野では、自動車運転中のドライバーの視線を計測し、運転手の危険の認知に関する研究が行われています。また、スポーツの分野では、熟練者と初心者を比較し、熟練者がどのように周囲の状況を把握し、動作に繋げているかを明らかにする研究などが行われています。このように、視線計測では、これまで難しいとされてきた対象者の認知プロセスの一部を推定することができ、今後さらなる研究の発展が期待されています。
 看護の分野においても、熟練看護師の技を可視化するために視線計測を用いた研究が増加しつつあります。そのような中で、私たちの大学では、視線計測機器を用いて、患者さんの全身状態を観察する際の熟練看護師の視線を明らかにし、学部学生の臨床場面における観察力を高めるための研究に取り組んでいます。例えば、全身麻酔手術直後の全身状態の観察時の視線から、熟練看護師は顔を見る回数・時間が多く、患者の意識レベルを優先的に確認し、随時患者の状態の変化を観察していることが明らかとなりました。また、熟練看護師の認知プロセスとしては、意識レベルから始まり、バイタルサイン、創部・下肢・点滴類へと視線が移動していくことが明らかとなりました。このようなことから、学部学生には、患者の状態の変化を予測しながら優先度を考え観察を行うよう指導していく必要性が示されました。
 これからも、視線計測を用いてこれまで暗黙知とされてきた熟練看護師の技を可視化し、学生の教育につなげる研究に取り組んでいきたいと考えております。ご興味のある方は、ぜひコラボレーションしてみませんか。


投稿にはログインが必要です
トップページに戻る